御殿場
住宅建築振興会
御殿場高原手づくりの家
商工会サイト
サイトマップ
e-mail
TOPトピックス御殿場型住宅住宅プラン集企業一覧不動産情報アンケート
御殿場の住まいのポイント / 富士檜&杉を使ったセカンドハウス
御殿場の住まいのポイント
 
美しい富士山に抱かれた、高原の街−御殿場は自然に恵まれ、透明感ある空気に包まれた住みごごちの良さがあります。でも住宅を設けようとしたとき、御殿場の自然環境に配慮した住まいを考えることが「良い住まい」への第一歩です。

寒冷・多湿の御殿場 霧の多い御殿場
住まいの最大の課題です。
室内はもちろん構造体内部での換気、通気、防湿措置を的確に行いましょう。断熱、気密化が進むこれからの住宅では室内の空気環境を良好に保つためにも計画的換気が大切です。
結露、カビ、湿気 雨、曇りの日が多く霧が頻繁に発生する御殿場では湿気から住宅を守る対策が重要です。
 
■内部結露への対応 
  • 室内から構造体内部への湿気の侵入を防ぐため、断熱材の室内側に防湿材を設置する。
  • 構造体内部に侵入した湿気を屋外に排出するため、断熱材の外側に防湿材を設置し、換気口や通気層を確保する。
  • 特に浴室廻りや床下など湿気が発生しやすく、留まりやすい部分においては充分な防湿措置を行うとともに適切な断熱材を利用する。
断熱の内と外

■知っ得です!(結露のしくみ)
御存知の方も多いと思いますが、結露は室内の暖かくて湿った空気がその飽和温度より低い外気温で冷やされた部材などに触れることにより生じます。結露には壁や床、ガラスなどの表面結露と構造体内部で起こる内部結露があります。床下は常に露点以下となっており、夏でも湿った空気が床下に進入すると、その土に冷やされ結露が起きる可能性があります。(夏型結露)
気温と空気中の水分量 表面結露

内部結露

■計画的な換気
平面での通風の確保 断面での通風の確保


Copyright (C) 2013 Gotemba Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.